人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
全体

オロロンライン
交通考

本・音楽・テレビなど
食と住

こころとからだ
雑記
リンク
フォロー中のブログ
Wind
バスの終点に行ってみた
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 06月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
ライフログ
検索
ブログジャンル
その他のジャンル


<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

幸せなひと時

e0007279_20422023.jpg

久々の店でパスタを食べてたら、懐かしい音楽が流れてきた。

太陽がいっぱい

中西俊博 / 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ



流れていたのは、このアルバムにある
「夏の朝に開くパレット」。
1987年リリースと後で知り、もうそんなになるかと驚く。


解放的な店の雰囲気と、美味しいパスタと、地中海を想わせる明るい音楽。


幸せなひと時。
by Hagino-Iburi | 2010-02-23 20:42 | 本・音楽・テレビなど | Comments(0)

これで千円

e0007279_8125639.jpg

e0007279_8125642.jpg

だいぶ前だが、小樽雪灯りの道を見に行ってきた。
会場の一角には屋台テントがあり、
ちょっとした軽食を供してくれる。

・焼き鳥6本
・いか焼き
・焼きそば
・ウーロン茶2缶

これでちょうど千円。
ボランティアベースではあろうが、実に良心的な値段だ。
今の札幌雪まつりで、こうはいくまい。


会場の出口付近には、毎年世相を反映?した雪だるまがあって、
これもちょっとした楽しみ。


今年は草食男子雪だるまににんじんが、
肉食女子雪だるまに魚肉ソーセージがお供えされていて、
思わず笑ってしまった。
by Hagino-Iburi | 2010-02-23 08:12 | 食と住 | Comments(0)

宇高航路廃止

e0007279_1334046.jpg

e0007279_1334012.jpg

最後に乗ったのは2006年11月。
まさか5年と経たずに全廃とは思ってもみなかった。
しかも届出から1ヶ月余りで廃止である。

海上運送法を改めて読んでみると、離島など指定航路は6ヶ月前まで、
それ以外は30日前までの届出で廃止できるらしい。


これに対し鉄道は1年前までの届出を要する。
更には地域公共交通活性化・再生法には、鉄道を廃止させない条項ではないかと
勘ぐられてもおかしくない特定事業が定められている。


地方交通を考える上で、海上運送法の世界は参考になることが多い気がする。
もっと勉強しなければと思う。
by Hagino-Iburi | 2010-02-13 13:34 | 交通考 | Comments(0)

続「ゆきだるま号」

e0007279_8185074.jpg

e0007279_8185077.jpg

e0007279_8185041.jpg

この1週間、週末や休日になると体調がよくない。
例の「ゆきだるま号」に試乗できないまま、雪まつりは終わった。

平日夜の終便後に、バス停だけは見てきた。
かなりの力の入れようだが、成績はどうだっただろう。


一つ気になったというか、8分間隔とは札幌でもかなりの高頻度だが、
全便の時刻を律儀に表示するとかえって煩雑な感じ。
毎時同じ分(例えば5分間隔)なら別として、そうでなければ、
始終発を明示した上で、
「この間8分間隔」
だけでいいのかもしれない。
by Hagino-Iburi | 2010-02-12 08:18 | 交通考 | Comments(0)

10年ひと昔

2000年。
新会社への営業移行で多忙を極めていたはずだったが、
振り返ってみれば、結構あちこち旅していた。

仕事が一区切りついた8月には一週間の休みを初めてとり、
瀬戸内海の高見島を皮切りに、小倉(競馬見た)を経て、
長崎の池島、そして樺島まで、西に向かって訪ね歩く旅をした。


高見島は特別として、 池島と樺島は思い出深い。

池島には当時炭鉱があったが、既にその頃には閉山が取り沙汰されていた。
ひととおりの生活関連施設が揃い、路線バスが割と高頻度で運行していたが、
炭鉱がなくなったらこの島はどうなるだろうと思いながら、帰りのフェリーに乗ったのを思い出す。


樺島は野母半島の最南端。橋でつながっていて、長崎市内の中心部からバス1本で行ける。
1時間位乗っても運賃が当時500円前後、しかも毎時2~3便はあって、
長崎バスはやっぱりすごいなと思ったものだった。


島を適当に歩いて、じゃこの直販兼加工場を訪ねた。
御主人は北からの珍来客を心からもてなしていただき、
買い求めた以上に沢山のお土産をつけてくれた。
あのじゃこの味は、今も忘れない。



10年ひと昔。
御主人はお元気だろうか。
by Hagino-Iburi | 2010-02-05 20:47 | | Comments(0)