Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2005年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

物好きの証明

沼津出身の友人から、地元のお菓子屋さん特製の
イタリアンロールがとにかく美味いという話を聞く。
値段は少し張るが、いちど味わってみたら最後、
市販のロールケーキは食べる気がしなくなるという。

2年半前。朝の9時すぎに沼津駅に降り立った。
いざイタリアンロール、と店に飛び込んでみたものの、
今日の商品はすべて予約済み。売り切れであった。

半年後、ふたたび沼津へ出かけた。
しっかり予約の電話を入れ、こっちは東京の客だと嘘もついた。
日持ちしない商品なので、遠来の客には売れないという、
又聞きの話が頭の片隅にあったからである。

そこまでして買ったイタリアンロールは、
友人の言うとおり、掛け値なしに美味かった。
あの味が忘れられず、昨年の暮れにも買いに行った。

いや、われながらとにかく物好きな話・・・。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-31 23:59 | | Comments(2)

求む、必勝法

パソコンに入っているゲーム「スパイダ ソリティア」。
一定の法則に従いトランプのカードを並べていくのだが、
これの上級編がなかなかクリアできない。

風邪で出かけられないのを幸い?に、
この週末はじっくりパソコンに向かったのだが・・・。

おそらく何らかのコツみたいなものがあるだろうと思うが、
しばらくはちょっとしたイライラが続きそうである。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-30 22:28 | 雑記 | Comments(0)

新赤本

新編 新赤本 家庭の医学
保健同人社 / 保健同人社




会社の健康保険組合から、大仰な宅配便が届いた。

これを読んで、健康にもっと気を遣え、
そして、火の車状態の組合財政に負担をかけるな、という趣旨らしい。
もっとも、組合員全員に配布できるだけの資金が、よくあったものだ、
という気もするが・・・。

新赤本――初版の発行は昭和44年にさかのぼる。
ガキのころ、実家にあった初版「新赤本」を手に取り、
本文はよくわからないまでも、ところどころちりばめられた
解説マンガに、けらけら笑ってた記憶がある。
今でも思い出すのは、
・羽織姿の肝臓が端座してお茶をすすり、「肝臓はもの言わぬ臓器」
・漢方と西洋医学の違いは「小銃で狙い撃ち」「大砲でドカン(味方もやられる)」

こんど届いたのは平成17年発行の新編で、
解説マンガはどこにも載っていなかった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-29 21:16 | 本・音楽・テレビ | Comments(0)

風邪ひき特製うどん

風邪かな・・・と思ったときには、特製?うどんが食べたくなる。

先に豚肉とにんにくスライスを炒めておく・・・(a)。
市販のゆでうどん、白菜、(a)を土鍋に順に入れて、
つゆ&お水を注いだら、あとはぐつぐつ煮込むだけ。

うどんをすすって汗をかいたら、あとはベッド直行。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-28 21:55 | 食と住 | Comments(0)

寒気がした

昼間、しょうもないことで右へ左へ振り回されているうち、鼻がずるずる。
喉もなんかちょっと痛いし、さっきはぶるっと震えがきた。

これはまずい。もう寝よう・・・。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-27 21:10 | 雑記 | Comments(0)

バスの使い方

釧路公立大の学生たちが、災害の一時避難所として
路線バスを活用することを発案し、実際に車両を用いた
模擬実験を行った、という新聞記事があった。

彼らは無線と暖房装置がバスに搭載されていることに着目、
市役所の関係者も関心を寄せているという。

数年前、岩見沢の駅舎が漏電で全焼したときに、
急遽、JRバスの予備車両を駅前広場に横付けし、
待合室代わりに使ったことがあった。
暮れも押し迫った、真冬の寒い日のことで、
バスの暖房が、大いに役立ったと聞いた。

学生たちがこの「故事」を知っていたかはわからないが、
これもひとつの、バスの新しい使い方、なのかもしれない。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-27 00:30 | 交通考 | Comments(0)

つくばエクスプレス

東京に出かけたついでに、つくばまで足を伸ばした。
おめあては、つくばエクスプレス。
e0007279_2393489.jpg
開業直後の賑わいは一段落といったところらしいが、
駅のすぐ近くで大規模の展示会をやっていたり、
サーカス小屋のテントが建っていたりして、まだまだ
開業景気を盛り上げようという感じである。

つくばエクスプレスそのものは、新幹線の線路の上を、
通勤電車が走っているような感じがした。
在来線と同じ狭軌だが、がっちりしたコンクリートの路盤、
太いレール、そして全線踏切なし(高架か地下線)。
秋葉原~つくば間が1時間足らずとは、確かに早い。

つくば駅近くで見かけた東京行きの高速バスは、
乗客が3人だけだった。
始発停留所からでも乗り切れないほどの時代を
見ているだけに、何ともいえない思いがする。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-25 23:09 | | Comments(0)

最近のお気に入りCD

ナイト・ラインズ
デイヴ・グルーシン / ユニバーサルクラシック

ふらっと立ち寄った神保町の中古CD店で見つけた。
デイヴ・グルーシン、学生の頃よく聴いたなぁ。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-24 22:56 | 本・音楽・テレビ | Comments(0)

ちょっとした発見

何年かぶりに、北千住から東武電車に乗った。

準急     SEMI-EXPRESS
区間準急  SECTION SEMI-EXPRESS

区間=SECTION  なるほど・・・。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-23 22:41 | | Comments(0)

今日買ってきた本

孝明天皇と「一会桑」―幕末・維新の新視点
家近 良樹 / 文藝春秋

帰りの車中でほとんど一気に読んでしまった。

以前に読んだ河内祥輔氏の著書でもそうだが、
通説――例えば高校での日本史で学んだような内容を、
ばっさばっさと切って捨てていくというのは、
なんともいえない読後感がある。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2005-10-22 21:56 | 本・音楽・テレビ | Comments(0)