Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi


2006年 07月 01日 ( 1 )

客引きする手相見

高橋たか子の小説「空の果てまで」に、
主人公が夢の中で手相見と会話する場面がある。

誰でも頭の上に一匹、動物を飼ってましてな、
それが何かわからないのが、当人の至らぬところ……
と淡々と語る手相見。

小説とはいえ、悟りを開いた者の一言一句が、印象に残っている。

■□■

駅前のビジネスホテルにチェックインし、
晩飯を食べに外へ出る。

少し先の路上に手相見がいた。
ふと目が合った次の瞬間、手相見は手招きしながら、
「どうです。やっていきませんか?」
と声を掛けてきた。

不意を突かれた私。慌てて足早に通り過ぎる。


角灯籠の灯とともに超然として客を待つ。
そんな手相見のイメージが、あっけなく崩れた地方都市の夜。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-07-01 22:03 | 雑記 | Comments(0)