Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


雲の上の温泉

7時半前にホテルを出て、富良野行きの普通列車に乗る。
行きたいところはいくつかあるが、当初の予定通り、
間近に十勝岳連峰を望む吹上温泉を目指す。

e0007279_21374714.jpge0007279_21382485.jpg
吹上温泉へは、上富良野駅から1日3本の町営バスで行けるが、
9時半の始発便に乗るには、旭川かどこかで一泊しなければならぬ。
札幌をどんなに朝早く発っても、この始発バスに間に合うような
列車の接続がないのは、いささか不思議な感じがする。

4人の客を乗せたマイクロバスは、山道をぐいぐい登り、
30分ほどで吹上温泉「白銀荘」に着いた。
e0007279_21463382.jpge0007279_2147082.jpg
だいぶ前から一度行ってみたいと思っていた温泉だが、
期待にたがわず、内湯も露天風呂も広々として、気持ちいい。

ここの宣伝文句は「雲の上の温泉」。
今日はさすがにそのような状況ではないが、
頭上の割と近いところを雲が流れていく。

帰りのバスが来る4時間後まで、
露天風呂と休憩所の広間を2往復。
久しぶりに、じっくり温泉につかった気がする。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-09-10 21:58 | | Comments(0)
<< 「富良野・美瑛ノロッコ号」 思い立ったが吉日 >>