Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


よくわからない

景観をめぐって最高裁まで争われたマンションを、
1ヶ月ほど前に、外から眺めてきた。

建築とか景観とかを語る知識もセンスも持ち合わせていないが、
その高さが威圧感や圧迫感をもたらすようには見えなかったし、
落ち着いた感じの外壁の色彩には、周辺への配慮が感じられた。

この一帯は、市の「都市景観形成条例」に基づく重点地区という。
では、マンションのすぐそばの通りで、市役所自らが建てた看板が、
折れ曲がったまま放置されていることは、どう理解すればよいのだろう。
e0007279_23532156.jpg


市が「洗濯物は見えないところに」と求めているのは、更に解せなかった。
「洗濯物などが××通り沿いにたなびくのはふさわしくないと考えます」という。
人びとの生活をあえて感じさせない通りにしたいのだろうか?。
e0007279_23583119.jpg


景観って何なのか。
まさか、壮大な自己満足ではないと思うが・・・。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-08-03 00:12 | | Comments(0)
<< 道路地図 最後の日 >>