Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


最北の温泉郷へ(1)

e0007279_74263.jpg

e0007279_742656.jpg

ふらっと思い立って遠出をするのも、そろそろ難しくなってきた。

最後ぐらいは思い切って、特急列車で北を目指すことにする。

もっとも、いくつか魂胆はあるので、稚内は諦め、幌延まで行く。


札幌発の特急列車は、3連休の半ばだからか、6両とも満席近かった。

しかし、旭川て半分が降り、名寄でまた半分、音威子府を過ぎたら、
車内は閑散としてしまった。


音威子府から先は、エゾシカの多発地帯である。車内の自動放送も、
「エゾシカのため急ブレーキに注意」などと放送が組み込まれている。

やがてスピードが急に落ちたかと思うと「列車の前をシカが走ってます」
と車掌がアナウンス。
徐行は5分足らずで済んだが、15分ぐらい延々という時もあるらしい。


車窓にちらっと利尻富士が見えた頃、幌延着。札幌から4時間である。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-02-12 07:42 | オロロンライン | Comments(0)
<< 最北の温泉郷へ(2) 東京・大手町界隈 >>