Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


高速ツアーバスだけが問題なのか?

「(行政は)高速ツアーバスに抜本的な策を打つべき」とか、
もっと飛躍して
・高速ツアーバス=悪
・高速乗合バス =善?
式の二元論には同意できない。


現に高速乗合バスから高速ツアーバスへ切替えた事業者もあるのは、
ビジネスモデルとして成り立つという見込みがあってのことだろう。


先日の大事故は乗合・貸切を問わずバス業界全体が抱える問題が
顕在化したものであり、業界全体で解決しなければならない。
特に問題なのは、貸切許可のハードルが低すぎることではなかろうか。


営業許可区域を今よりも思い切って広域化するかわりに、
最低保有車両数や運行管理者数、必要運転資金といった
参入許可要件を極めて高くするのはどうであろうか。



乗合バスの規制改革は貸切バスより2年後に実施された。

参入許可要件の一つに、一営業所最低6両(予備1両含)配置があり、
これが意外と乗合バスの参入ハードルを高くしていると思われる。


貸切バス規制改革後の「惨状」がくることを予期した行政当局が、
せめて乗合は貸切と同じ轍を踏むまいと考えたのではないか……
と根拠もなく邪推する。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2012-05-02 08:10 | 交通考 | Comments(0)
<< サクラ サク 系統番号は何のため? >>