Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi


<   2013年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

温泉行きたくなってきた

e0007279_7414457.jpg

e0007279_7414410.jpg

今週は至急案件の連続で、帰宅が毎晩12時前後。
宿題が次々と入ってきて、目先を片付けるので精一杯。
日に日に気が立ってきた。


実家に近い登別に、いずみヴイラという日帰り温泉がある。
札幌から遠くないし、週末くらいはここでゆっくりもいいかなぁ。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-31 07:41 | | Comments(0)

ボールペン

長らくボールペンとの相性が悪かった。
筆圧が強いので、いつのまにかインクがかすれたり、
急にインクが出なくなって使いものにならなくなる。
腕も疲れて、読み返すと何を書いたかわからぬことも多い。

最近、pilot社のDr.gripというボールペンを試しに使っている。
人間工学の成果がふんだんに盛り込まれ、確かに書きやすい。

気のせいとは思うが、筆圧をかけなくても、自然に書けるようになった。

いい相性の文房具と巡り会えたときの喜びは、なんとも言えずいい。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-30 07:34 | 雑記 | Comments(0)

苺のサンドイッチ

e0007279_742094.jpg

東京暮らしをしていた20年前にこの店のことを知ったが、
初めて入店したのは2009年2月末であった。


薦められるままに苺のサンドイッチを食した。
苺の新鮮さもさることながら、パンのしっとりした食感が
今でも印象に残っている。


東京に行く時にはお決まりの店ができてしまい、
なかなか二度目の機会がないままでいる。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-29 07:04 | | Comments(0)

通りの文化

e0007279_6484196.jpg

思いっきりピンぼけ画像だが、2008年10月にハワイ・ホノルルにて。


ハワイはこの時が初めてだったが、自分が訪ねた範囲では
通りが街区表示の基準になっていて、案外迷わずにすんだ。


翻って札幌は、白石区などの一部を除けば地名+条丁目表示で、
現地に行ってもなかなか土地勘が掴めないことが多い。


区画整理に意識が働き過ぎ、通りをやや軽んじた嫌いがある。


同じ札幌でも、白石本通や栄通などはわかりやすい。


もしも例えば西区で、琴似本通○丁目という表示だったら、
また違った市街地形成になったのではないかとふと思う。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-28 06:48 | | Comments(0)

経年劣化

永年愛用している手袋だが、右の人差し指の部分に
ぽっかり穴があいてしまった。


ニットなので、もしかしたら補修可能かもしれないが、
自分では如何ともしがたい。


捨ててしまうにはなんとなくもったいない。
とりあえず予備を引っ張り出した夕暮れ。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-27 19:44 | 雑記 | Comments(0)

南限と北限

日本酒はどちらかといえば不得手だが、新潟でHさんと飲んだ
〆張鶴の大吟醸だけは別である。すーっと飲めて、おでんの味が
さらに引き立った。


新潟の地酒としか思っていなかったが、県北部の村上市で
造られているとは、全くの迂闊そのものであった。
何せ、20代の頃に毎年のように訪ねた街だからである。


村上は「境界のまち」というイメージを個人的に抱いている。
日本茶栽培の北限。
そして鮭の遡上はこの街を流れる三面(みおもて)川が南限。
北限南限とは無関係だが、羽越線は村上・間島間で、架線の電気が
直流から交流に切り替わる。


街から三面川を渡って数km、岩ヶ崎といわれるところまで歩く。
時折行き交う列車の通過音を聞きながら、日本海をぼんやり眺める。
そんな旅をした。


この街とも15年はご無沙汰している。
いまが気になる街の一つである。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-27 11:22 | | Comments(0)

ある意味で戒め

e0007279_121731.jpg

職場のパソコンの壁紙画像は、下落合のうさぎとふくろうにしている。


エラい人に「随分不思議な光景だな」と云われ、えぇとつい答えたが、
自分では、うさぎのように周りの声をよく聞いて俊敏に動き、
ふくろうのように暗闇でも物事の本質をよく見極めなさい、
という戒めの組み合わせなのだろうと勝手に解釈している。


というわけで、つい先日も記したばかりだが、下落合行きたい。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-26 12:17 | | Comments(0)

気が早い

e0007279_742288.jpg

e0007279_742280.jpg

e0007279_742281.jpg

e0007279_742250.jpg

千鳥ヶ淵にて、2012年4月。

今年もまた、ここでゆっくり桜の花をめでたい。


気が早すぎるのは百も承知だが、この厳寒の冬の先に来る春は、
いつもの年とは違った感慨で受け止められるだろう。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-24 07:42 | | Comments(0)

条丁目を付けるか

北海道では条丁目の着く地名が多いが、これをバスの路線図などで
全て記すか、簡略化するかは悩ましい。

札幌市手稲区にある、西宮の沢5条2丁目を例にとると、

・西宮の沢5条2丁目
・西宮の沢5条2
・西宮の沢5ー2
・西宮の沢5の2

といった具合である。



個人的には、下の2つはあり得ない。正確さを著しく欠くからだ。


問題は、正式表示にこだわると字数が増えて読みにくくなり、
さりとて車内放送など音声案内との整合性も考慮すると、
ケースバイケースとも片付けられない。


悩ましい。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-23 20:48 | 交通考 | Comments(2)

室蘭駆け足散歩(6止)

e0007279_7231428.jpg

ちょっとこのセンスにはついていけない(苦笑)。



名物の室蘭やきとりもカレーラーメンも味わえなかった。
久しぶりの図書館にも立ち寄れなかった。
他日を期すことにする。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-23 07:23 | | Comments(0)