Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi


<   2011年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

茹でとうきび

e0007279_18513262.jpg

無性に食べたいというほどではないが
もう3年は食べてないなぁ……




明日から8月
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-31 18:51 | 食と住 | Comments(0)

豊平川花火大会

携帯電話で花火を撮るのは限界というか、そもそも無理らしい。

e0007279_12272539.jpg

e0007279_12272542.jpg

e0007279_12272575.jpg

e0007279_12272544.jpg

e0007279_12272564.jpg

花火が上がっている間、目の前の幹線道路の交通量が
みるみるうちに減っていった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-30 12:27 | | Comments(0)

荏原中延

しばらくぶりに行ったら地下駅になっていた。

e0007279_8281512.jpg


地上には公共施設らしきもの。
看板がなければ、この地下に駅とは気付かなさそう。
e0007279_8281515.jpg


駅前商店街は、いいおもむき。
e0007279_8281580.jpg

[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-29 08:28 | | Comments(0)

市町村運営有償運送についての自分用覚書

e0007279_81868.jpg

e0007279_81896.jpg

e0007279_81846.jpg

●根拠法令など 
 道路運送法第78条第2号(有償運送)
 道路運送法施行規則第49条第1号(自家用有償旅客運送)

●概要
 市町村が、専ら当該市町村の区域内において、地域住民の
 生活に必要な旅客運送を確保するため、市町村の長が主宰
 する地域公共交通会議の協議結果に基づき運送を行うもの

●登録番号の付与(左から)
 登録を行った運輸支局を管轄する運輸局の頭1文字
 登録を行った運輸支局の頭1文字
 有償運送の種別 市:市町村運営有償運送
 有償運送態様   交:交通空白輸送 福:市町村福祉輸送
 

※出典:北海道運輸局ウェブサイト
http://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/bunyabetsu/jidousya/yuusyou/index.html


画像例(浦臼町営バス)の場合、

・「北」海道運輸局の
・「札」幌運輸支局が登録した
・「市」町村運営有償運送のうち
・「交」通空白輸送

ということになる。


登録番号は使用する車両に絞って付与するようで、
町の福祉バス(通院患者の送迎用らしい)には、
登録番号はなかった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-29 08:01 | 交通考 | Comments(0)

札幌ドイツ村(大通ビアガーデン)

今年
e0007279_864911.jpg


どうして白老?
e0007279_864914.jpg


2009年
e0007279_864978.jpg


2008年
e0007279_864972.jpg



今年は雰囲気出しの小道具(ドイツ国旗の手旗や団扇)も
配布されなかった。
このご時世、費用削減したのだろうと想像。


料理といい、年を追うごとにドイツらしさが希薄になっている。


札幌はミュンヘンと姉妹都市云々というけれど、
例えば市内でドイツ料理を味わえる店がない。
狸小路にあった店が最近閉店したのは痛かった。

食べたかったら本国に行きなさいということか……。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-28 08:06 | 食と住 | Comments(0)

day and night

e0007279_7575987.jpge0007279_7575990.jpg





















特に意味はないけど、全く異なる時期の画像を2枚並べてみた。


夜はともかく、昼の藻岩山は存在感がある。
観光開発までは不要だが、札幌のシンボルとして、
住民にも来街者にも、より身近な山であってほしい。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-28 07:57 | | Comments(0)

函館へようこそ!

e0007279_8194460.jpg

e0007279_819441.jpg

e0007279_8194465.jpg

函館駅の改札コンコース内に、主要バスの乗換案内装置が
いつの間にかできていた。

函館山などメジャーな路線に情報を絞り、4か国語で
次便の発車時刻と乗り場を案内している。


気になったのは、「函館へようこそ!」と謳いながら、
函館空港行きやフェリーターミナル行きも乗り場だけ
案内していること。


中途半端なのもさることながら、そもそも函館で
鉄道から飛行機や船への乗換需要があるのか、
今一つピンとこない。


考えられるとすれば、大沼公園の滞在客が函館に来て、
そのまま飛行機や船で函館を離れるパターンか?
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-27 08:19 | 交通考 | Comments(0)

ツーショット?

e0007279_7593132.jpg

偶然の場面に遭遇?して急いで撮影。

駅前のバスターミナルとホテルの画像にしか
恐らく見えないだろう……


ところで、新聞記事によれば、新規参入事業者の社長は、
都市間バスの更なる拡大に意欲的なようである。

道内でもいよいよこの分野での競争が激しくなる
のか予断を許さないが、競争が選択肢を広げ、
結果として鉄道が割を食う展開になる予感がする。
(裏付けはないけれど)
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-27 07:59 | 交通考 | Comments(0)

人間ドック(続)

先日の人間ドックで胃の内視鏡検査を受けた。

医師からは
「特段悪いところはないけれど、強いて言えば
萎縮性胃炎が一部ありますね」
とのこと。


――「強いて言えば」でいいの?


ちなみに一昨年に初めて人間ドックを受けて胃カメラを
飲んだ際に、ピロリ菌に感染していることがわかった。


幸い除菌に成功したが、ピロリ菌が萎縮性胃炎の原因で、
胃癌に進行する可能性もあるらしい。
(除菌したので確率的には低いそうだが)


とりあえず毎年人間ドックで胃カメラは必須だなぁ。

あと、今年は大腸ポリープ発見→切除手術という
波乱の幕開けだったので、大腸内視鏡検査も必須……。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-26 08:12 | こころとからだ | Comments(0)

過去を訪ねる鍵

e0007279_19442135.jpg

e0007279_19442197.jpg

自分の時間ができると、以前に行った場所を再訪したくなる。


先週末、すっかり寝ぼけた頭で、どうして再訪したくなるのか、
せっかくの自分の時間なのに、未訪の地をなぜ選ばないのか、
いつの間にかぼんやり考えていた。


ぼんやり考えた結果として、変な日本語かもしれないが、
どうも「過去を疑似体験」したい自分があるような
気がしてきた。





20歳代からの20年間、友人から神出鬼没と言われるほど
「旅する日々」だった。
その経験の積み重ねが自分を作ったと思う。


4年前に生活が変わって、「今」と「将来」の比重が
著しく高まった。

だからこそ「過去」に通ってきた自分を、時々振り返って
再確認したくなる衝動が強いのかもしれない。





拙ブログはその「過去」を振り返る「よすが」である。

6年前にブログを始めた当初からこのことは意識していた。


生活が変わってから更新中断同然の期間が長くあったが、
また些事や戯言を連日ちまちま記すようになったのは、
「過去」の蓄積の重みを再認識し、振り返る「よすが」を
大事にしたいと思ったからにほかならない。





先日、わずかながらまた自分の時間ができたのを幸いに、
もう20年近くご無沙汰している地を再訪した。
(そのことは日を改めて記すと思う)。


往時と変わったもの、そして変わらぬままのものを見つけ、
自分が何を思い、考えていたか、記憶の糸を手繰っていく。

まさに「過去を疑似体験」する瞬間。
なんという幸せなひと時!





過去を訪ねるための鍵は、心の中でずっと大切にしたい。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-07-25 19:44 | こころとからだ | Comments(0)