Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi


<   2011年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

高齢化社会と乗合(路線)バス

e0007279_826531.jpg

最近、毎日乗るバス会社が発売する高齢者専用定期券のポスターが目立つ。

1ヶ月4千円で、都市間バスなどを除く全線が乗り放題。
札幌市内ならば、概ね片道200円×2回×10日で元が取れる。
ちなみに運賃単価が高い深名線(深川~名寄)でも利用できる。


社会が高齢化し、通勤や通学でのバス利用に多くを期待できない時代になった。

一方で高齢者と括られる人口層の増加は、地上で気軽に乗り降りできる
路線バスにとっては、市場規模の拡大、まさにチャンスである。

チャンスを確実にものにするためには、その優位性を充分に発揮できる商品
(基本的には路線とダイヤ)づくりがどこまで魅力的かにかかっている。


卑見は、例えば運転免許を返納した人に運賃を割引くといった施策は、
輸送人員の増加より客単価の低下の方が大きく、効果はあまり期待できない。
特に都市間バスでの割引は、一般にドル箱とされるだけに減収リスクが大きすぎる。


むしろ、一般的な路線バスに、朝乗ったお客様に帰りも乗っていただく、
今日乗ったお客様に明日も使っていただく「お得意様」になっていただき、
その期間はまとまった割引を行うのが理にかなうと考える。


そのためには、何よりも路線やダイヤで使えるバスでなければならないのは、
論を待たない。

※このあたりは、名古屋大学大学院の加藤准教授の一連の著作に詳しい。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-31 08:26 | 交通考 | Comments(0)

京都に行きたい

e0007279_83954.jpg

e0007279_83915.jpg

e0007279_83934.jpg

e0007279_83974.jpg

以前の画像を眺めながら、京都に行きたいなとふと思う。


神社仏閣巡りももちろんよいが、3年前に初めて挑戦したろくろ廻しは、
またやってみたい。


3年前の前回、街をちょっと歩いただけで意外な発見がそこここにあった。

京都は奥が深い街だと思う。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-30 08:03 | | Comments(0)

きじひき高原

少し前に初めて訪れる機会に恵まれた。

駒ヶ岳、大沼、函館山と順次一望できる眺めは
なかなかのもの。

当日はあいにく見えなかったが、天気がよければ、
噴火湾、羊蹄山、そして下北半島も見えるとのこと。


e0007279_21512424.jpg

e0007279_2151248.jpg


こうしてみると、渡島大野から函館山界隈までは、
結構な距離があるように感じる。

一方で、峠を一つ越えれば、厚沢部や江差といった
檜山南部は案外近い。



5年後、この界隈の交通地図はどう変わるだろう。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-29 21:51 | 交通考 | Comments(0)

shouldで話さない

一つのことに対しても様々な考え方、見方があるだろう。


それを「~すべき」と決めてかかるのは、いわば
切捨御免みたいな、暴力的なものすら感じる。


自分はshouldで話さないように極力気をつけているが、
時々振り返るとついつい熱くなって言ってしまうようだ。


shouldで話すのは押し付けられた価値観であり、
これほど気分を害するものはない。


自戒して記す。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-28 13:12 | こころとからだ | Comments(0)

ニュースター号(補遺)

運行開始計画の話を聞いたとき、停留所をどこにするのかは
気になった点の一つ。


2月末に函館駅前バスターミナルの14番のりばを覗いた。
ずっと空き状態だが、これといったものはなかった。

e0007279_8232099.jpg


それから1ヶ月も過ぎないうちに、その場所が改装されてニュースター号の
乗り場となった。

e0007279_8232087.jpg



もし空きがなかったら…と思うのは野暮なのでやめることにする。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-27 08:23 | 交通考 | Comments(0)

ニュースター号

e0007279_21313081.jpg

e0007279_2131306.jpg

e0007279_21313039.jpg

北海道バス株式会社が札幌・函館間の乗合バスを開始して2ヶ月過ぎた。


管見の限りではまだ低い利用状況のように思われるが、
実際のところはどうなのか、数値とかはわからない。


□■□


それにしても、既存大手3社が以前から共同運行しているこの区間に、
貸切事業によるいわゆるツアーバス形式ではなく、敢えて乗合許可を取り
新規参入した同社の狙いは何であろうか。



卑見を二点。

第一は、乗合事業を兼業することによる、他の貸切専業事業者との差別化。


第二は、第一とも関連するが、まずは実績を作り、
新幹線新函館開業と同時に新幹線接続バスとして
すかさず次の展開に入り主導権をとる狙い。

※既存3社は七飯などにも停留所を設けているため、
路線を変更しにくいのではなかろうか。


まずは今年度の道央道南伸までに、どれだけ認知度が高まるかが
焦点と思われる。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-26 21:31 | 交通考 | Comments(0)

噂話

e0007279_824936.jpg

e0007279_824937.jpg

※画像は本文と無関係です。


私は自家用車に日頃乗らないというか、免許がないので
運転できないだけだが、普段はバスや電車で特に不便していない。


しかるに、勤務先の間では、あやつはバス部門に長いこといたし、
口を開けばバスの優位性や将来性ばかり語る狂信者だから、
実は普通車は運転できなくても、バスは運転できるのではないか、
という噂が流れていると聞いた。

最初の配属先がバス部門だった先輩と後輩の多くが、訓練を重ねて
実乗務を経験していることも、その噂を後押ししているらしい。


さもありなん。


□■□


複数の後輩から最近相次いで、バスのどこに関心があるのか問われた。
鉄道ファンだと、撮る、乗る、模型集めとかあるでしょう?。バスだとどうなんですかと。


強いて言えば、バスに乗ってあちこち旅するのが好きだが、その先には、
このバスはどのようにして日々の運行が維持されているのか、
大袈裟に言えば事業運営に関心がある、と答えている。

さらに言えば、バスをどのように走らせるのが、利用者にも事業者にも
自治体にもプラスになるか、地域の交通体系を考えるのが好きだとも。



……後輩達、ドン引きしてたな(苦笑)
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-26 08:02 | 交通考 | Comments(0)

人事の季節

新聞を読んでいたら、存じ上げている方の御名前が
目に留まった。


放送局の人事異動記事。

25年前、最後の公開生放送をわざわざ見に行くほど
柔らかい声が好きだったアナウンサーさん。


今は経営の中枢でご活躍されているらしい。


□■□


人事の季節も終盤である。

春先からずっと、今年はもしかしたらと思うところがあったが、
結局はただの思い過ごしだった。

期待も絶望もなく、日々淡々と……。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-25 08:07 | 雑記 | Comments(0)

ラストコール!!

きっと締めくくりはこの言葉だろうと予想しながら、
児玉清さんの追悼番組(朝日放送)を見た。

「ラストコール!!」

予想通りの言葉とともにフェードアウト。
涙をこらえるのがやっとだった。


36年続いた「パネルクイズ アタック25」に
わずか30分の追悼番組はあまりに短すぎた。
思い出の映像をもっと見たかった。


歴代の二大アシスタント~豊島美雪さんと沢木美佳子さんの
映像が少しだけ流れたのは懐かしかった。
しかし、ご本人のコメントをいただくのは、
やはり難しかったか。


児玉さんと沢木さんは美しく年齢を重ねる
まさに憧れの存在だった。
もう二度とあのコンビを見られないと思うと
本当に寂しい。



今はただ、児玉清さんのご冥福をお祈りするばかりである。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2011-05-24 08:20 | 雑記 | Comments(0)

年月の経過

先日、久しぶりに棚から取り出し聴いた1枚。
発売は今から20年前というから、
自分の社会人人生と同じである。

朝本千可/ハートランド・シック

朝本千可 / キングレコード株式会社



少し「古さ」みたいなものを感じたのは、
自分が歳をとったからなのか、それとも
鬱々とした気分が続いているからなのか。
[PR]
by hagino-iburi | 2011-05-23 19:14 | 本・音楽・テレビ | Comments(0)