Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

もう半年

e0007279_20504954.jpg

札幌西武が閉店・撤退して、明日で半年になることに気付く。

今後のことは全く知らないが、少なくとも路面電車を延伸すれば
都心部が賑わうとかいった単純なものではなかろう。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-29 20:50 | 雑記 | Comments(0)

増毛駅

札幌から深川、留萌と列車を乗り継ぎ、増毛まで来た。

留萌から先は他に乗客がいないも同然だった。

e0007279_19285726.jpg

e0007279_19285710.jpg


自家用車で駅前に乗り付け、写真を撮る人は何人か見かけた。

鉄道はシンボルではない。
不特定多数の人々が乗り合ってこそ
初めて鉄道である。


いっそ拝観料を取ったらと無茶苦茶なことを考える。

e0007279_1928572.jpg

[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-29 19:28 | 交通考 | Comments(0)

色の先入観

一瞬
間違って女性用に入ったか!?
e0007279_1943933.jpg

と思ったら、すぐそばに
e0007279_1943964.jpg

があった



色の先入観
とでも言えばよいのかわからないが
ちょっと新鮮
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-26 19:43 | 雑記 | Comments(0)

丸の内シャトルバス

e0007279_8272427.jpg

e0007279_8272417.jpg

e0007279_8272482.jpg

東京・大手町から丸の内、有楽町までを周回するバス。
運行費用は沿線企業等の協賛金で賄われ、乗客の負担=運賃は無料。


運行開始から5年は過ぎただろうか。
しばらく前に久しぶりに乗ったが、車両が少し使い古された感じがしたのは、
たぶん私の錯覚だろう。


乗客は座席がさらっと埋まる程度。15分間隔のダイヤはやや微妙で、
待っているうちに歩いて歩けない距離ではないが、乗ってしまえば確実に便利。

□■□

さて、私が暮らす札幌では今、
・都心のまちづくり
・都心の活性化
・都心の回遊性向上
をキーワードに、路面電車の延伸構想が語られている。


しかし、キーワード実現のためになぜ路面電車なのか、
丸の内シャトルのようなバスではなぜだめなのか、
私にはよくわからない。


札幌の路面電車「問題」は、老朽化著しくサービス劣悪(特に冬季の朝は積残しが生じる)な
現路線をどうするのか、巨費を投じて大改修を行うのが妥当か否かを、
延伸構想からはまず切り離して、明確にしなければならない。


バスでは代替困難というが、本当にそうなのか。
連節バスによる輸送力拡大(いわゆるBRT)ではなぜだめなのか。
他の条件一定で、路面電車だけLRTとか言って高度化するのは、
全く恣意的と言わざるを得ない。


問題のすべては、路面電車は存続を前提に検討とする市長の方針に帰着する。
ここを一旦白紙に戻した検討が必要である。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-24 08:27 | 交通考 | Comments(0)

国道5号のJRバス

e0007279_8191417.jpg

少し前の日曜の夕方。
久しぶりにバスで国道5号方面へ。

札幌駅始発の手稲鉱山行きは若干の立ち客が出るくらいの混み具合。

10年くらい前なら、山の手から西町にかけて乗客が入れ替わり、
それなりの乗車率を保って手稲区に入る、という傾向だった。

ところが今回は、西区に入る前後から乗客が三々五々降りていく傾向は変わらないが、
新たに乗り込む客がいない。
端的に言えば先細り状態。


西町北20丁目で用事を足し、結構歩いて宮の沢駅始発の稲北高校行きに乗ると、
これが見事なまでにガラガラで、乗客4人。


帰りは西宮の沢から札幌駅行きに乗ったが、宮の沢駅での乗降客ゼロ。
この便に限って言えば、宮の沢駅に寄り道する意味なし。


地下鉄宮の沢延伸に伴うバス路線再編から、早くも10年以上過ぎた。
そろそろ見直しの時期が来ているような気がする。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-19 08:19 | 交通考 | Comments(0)

「池11」中野駅行き

e0007279_832176.jpg

e0007279_8321732.jpg

e0007279_8321774.jpg

東京暮らしを始めた17年前。
週末になるとこのバスで中野へ、そしてそこからあちこち出かけた。

一番出かけたのは吉祥寺だった。
ただ、駅前中心街は喧騒過ぎ、井の頭公園は一人で行っても……である。

好きだったのは、街の北西部、東急百貨店の裏手から五日市街道にかけての界隈。
お気に入りの喫茶店を見つけてぼんやり過ごし、雑貨屋とかを覗いたりしながらふらふら歩く。

いつのまにか三鷹駅まで歩いたこともあったが、帰りは大概、吉祥寺駅から西武バスの
「都民農園セコニック」行き
という不思議な行き先のバスに乗り、石神井公園で西武線。

バスの行き先は馬鹿にできない訴求力があるかもしれないと感じ出したのは、
その頃からのような気がする。


「池11」は国際興業と関東バスの協定路線。
17年前は全く意識しなかったが、両社が交互に便を出し、
平日より土休日のほうが便数が多い。

両社それぞれに個性があって、どっちに乗るのも楽しかった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-10 08:32 | | Comments(0)

静内にて〜幼時の記憶

e0007279_12454055.jpg

e0007279_1245402.jpg

いつの間にか、こんなに便数が減ってしまった。


いや、比較の対象が四半世紀も前では、そう思うのも無理ないか。

あの頃は苫小牧の表町に道南バスのターミナル兼営業所が威容を誇り、
その近くには地場の百貨店があって、向かいにはふかし饅頭が名物の食堂があって……。


何がどうなってこうなったのだろう。
バスターミナルも百貨店も名物饅頭も、はるか以前に過去の思い出になった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-03-03 12:45 | 交通考 | Comments(0)