Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寝る前の一冊

日本の歴史〈9〉南北朝の動乱 (中公文庫)

佐藤 進一 / 中央公論新社




初版から35年以上過ぎるが、「昭和のスタンダード」と評されているだけあって、
巻末の解説にある通り、古さを感じさせない一冊。

大学を卒業して社会人になる頃、NHKの大河ドラマが「太平記」をやっていて、
毎週夢中になって見たなぁ。
ちゃんと光巌天皇(上皇)も取り上げられてる!よしよし!とか言いながら・・・。
[PR]
by hagino-iburi | 2010-01-31 14:03 | 本・音楽・テレビ | Comments(0)

「ゆきだるま号」

e0007279_2061537.jpg

さっぽろ雪まつりの第二会場がつどーむに移ったのは
昨年からでしたっけ?



昨年は画像のように、微妙に発着場所を違えながらも、赤バスと青バスの全面競合となりました。

その経験を踏まえたのか(?)、今年は青バスが大々的に策を打つようです。

大通~つどーむのシャトルバスを西11丁目駅前発着に延ばして、
「点対点」から「面対点」の輸送にするのはあり得ると思ってましたが、
まさか札幌駅~南大通~西11丁目駅前~北大通~札幌駅の循環バス
「ゆきだるま号」を運賃100円で8~10分間隔の高頻度運行とは、
完全に想定外。

しかもシャトルバスと循環バスの両方に使える1日券も発売という念の入れよう。



「ゆきだるま号」は雪まつり期間限定の運行ですが、もしかすると
使い勝手のよいバスとして大化けしそうな気がします。
少なくとも大通のビアガーデン期間に運行したらかなりの需要が見込めそう。


更には、観光以外の需要、例えば一般市民がデパートへ買い物で乗ったりとか、
西11丁目駅前界隈の官庁関係者が用事で使うとかいった利用が顕在化して、
バス事業者がそれに応えて利便性を高める好循環ができれば、
巨費をかけて路面電車の延伸なんかしなくてもよくなるわけで。


渋滞でまともに走れるかは心配ですが、そこは青バスお得意の?総力戦で臨むでしょう。
むしろ循環バス自体の存在アピールと異種運賃の告知(トラブル回避)が重要な要素とみました。



ともあれ、1週間とはいえ、かなり大がかりな「実証実験」を一事業者単独で打つわけで、
その意義の大きさを、身びいきがかなりあるにせよ、ずっしり感じます。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-01-27 20:06 | 交通考 | Comments(0)

見納め

e0007279_816279.jpg

e0007279_816280.jpg

札幌東急ストアがアークスに営業譲渡された。
この看板も近く見納め。

家から近そうで遠いこのスーパー。
それでも別のところで暮らしていた12年くらい前、
短期間ながらここで買い物していた時期があった。


折しも、旭川のバス会社系スーパーが経営撤退すると報じられた。

交通事業者の副業も厳しい時代になったなとか、考えることはいろいろあるが、
それはさておき、12年前の生活を感慨深く思いだす。

近くにあったカレー屋さんも、ボリュームある定食を出す喫茶店も、
昔ながらの八百屋さんも、みんななくなってしまった……。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-01-25 08:16 | | Comments(0)

メガネ

3ヵ月程前にメガネを新調した。

それまではとにかく実用本位、見かけより少しでも軽いフレームを!の一点張り。
おしゃれの要素まるでなし。

時は流れて、メガネ屋さんも10年過ぎて進化しているのであろう。

視力は確保しつつ、それまでだったら見向きもしなかった
黒縁のフレームを選ぶことができた。
我ながら、だいぶ格好良くなった。
周囲は何も言わないが。


過日調整に行ったら、メガネは両手できちんとかけるべしとご指導。
片手でかけるとフレームが広がって狂いが生じるという。

以来気をつけてはいるが、長年の癖はそう簡単には治らない。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-01-22 08:20 | 雑記 | Comments(0)

challenge is my life

競馬研究!!(違う)

more
[PR]
by Hagino-Iburi | 2010-01-12 07:57 | こころとからだ | Comments(2)