Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi


<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

珈琲すすりつつ

e0007279_1931239.jpge0007279_15104448.jpg

前から気になってた近所の喫茶店。
今日の昼前に入ってみた。
落ち着いた雰囲気と、書き物にちょうどよいテーブル。
これからも時々立ち寄りそう。

◆◇◆

珈琲をすすりながら、今年を振り返ってみる。

初夏の別れはやはり大きな出来事。
かなりせつなかったが、後悔しても詮無いこと。

春には予定通り4年間の高台暮らしが終わった。
また藻岩山近くに新居を選んだのは、自分らしさの表出の一端かもしれない。

そして、今年もたくさん旅をした。
長年行きたいと思っていた十津川村や利尻島、四国の大川村にも、
今年ようやく足あとを残すことができた。

稚内で見た朝日。新潟で見た夕日。
名寄・智恵文で見た一面のひまわりも忘れられない……。

◆◇◆

2007年
私の旅する日々は続く……
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-31 15:10 | 雑記 | Comments(0)

今年最後の旅

午前中に積み残しの仕事を片付け、
昼から電車と路線バスを乗り継ぎ、
岩見沢近郊の北村温泉へ。

e0007279_031661.jpge0007279_033962.jpg
e0007279_04547.jpg

露天風呂のお湯がちょっと目に入っただけで
だいぶひりひりするほどの強食塩泉。
そのときの調子によっては、食塩泉とは
いまいち相性がよくなかったりするのだが、
今日は特段のことはなかった。

広間で少しのんびりした後は、
来た道を岩見沢へ戻ることはせず、
路線バスで石狩月形へ抜ける。

久しぶりの札沼線のローカル列車は
やはりと言うまでもなく、空いていた。


e0007279_011318.jpge0007279_0112378.jpg
e0007279_011507.jpge0007279_012954.jpg
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-31 00:14 | | Comments(0)

私的忘年会

気が合う仲間たちと3人で、今年の打ち上げとばかりに呑みに行く。
思い出話は尽きず、笑いこけたり、ちょっとまじめに考え込んだり。

「いやぁ、今日はおいしい酒が飲めた」と別れ際に言ってもらえて、
セッティング(というほど大げさではないが)した身としては、
すごくうれしい。

ここへ案内すれば大丈夫、というお店をいくつか
日頃から開拓しておくべきものだと、改めて感じる。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-30 00:36 | 雑記 | Comments(0)

今日買ってきた本

バスサービスハンドブック
土木学会土木計画学研究委員会規制緩和後におけるバスサービスに関する研究小委員会 / / 土木学会
ISBN : 4810604527


友人も執筆に参加したこの一冊。
本文だけで400ページ以上あるが、正月休みにじっくり読もう。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-28 23:23 | 本・音楽・テレビ | Comments(0)

正月休みをどう過ごす。

仕事はまだいろいろ残っているが、ひとつひとつ片付けていくうち、
数日先のことを考える余裕がやっとでてきた。

大晦日の朝まで何やかやとばたばた過ごし、昼過ぎに実家に帰省。
元旦は胆振の萩野で迎えるものの、夜遅くには札幌に戻ってくる。
2日・3日はだらだらと箱根駅伝をテレビ観戦・・・・・・が、例年の過ごし方。

2007年の正月休みは、少しパターンを変えようかと思う。
特急列車の空席情報を見ると、2日はそこそこ空いているようだ。

家でうだうだ過ごすのもなんかもったいないし、
正月を旅するのも面白そうな予感がする。

さて、どこへ向かおうか・・・。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-27 22:47 | 雑記 | Comments(0)

2年目のオロロンライン

e0007279_2344038.jpge0007279_23442596.jpg
e0007279_23493236.jpgその魅力に惹かれた昨年は
私の「オロロンライン元年」

2年目の今年も、
何度も機会を作っては沿岸バスに乗り、
ぼんやり海を眺めながら北をめざし、
あるいは南へ向かった。

留萌、羽幌、遠別・・・・・・
運行の要衝で、運転手さんが交代する。
緊張の乗務を終えて降りる運転手さんも、
気持ちも新たに乗り込む運転手さんも、
姿勢を正して、車内の乗客に必ず一礼する。

3年目の来年は、
どんなオロロンラインに出会えるだろう・・・。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-27 00:00 | オロロンライン | Comments(0)

氷川丸営業終了

ついさっき、日経新聞の公式サイトでこのニュースを知る。
絶句。

周辺の観光スポットに客足を奪われたためという。
リニューアルの話もあるようだが、具体的な目途はまだらしい。

この夏、氷川丸船上のビヤガーデンを楽しむ機会に恵まれ、
いずれまた行くことができればと思っていた。


記憶の中の場所が、またひとつ増えた。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-25 22:53 | 雑記 | Comments(2)

個性派のあの馬

有馬記念のパドックをテレビで見ていた。
「この馬、さっきからしっぽをまわしてますねぇ」と、解説者。

そういえば、ゴール前の直線、鞍上のムチに呼応して、
しっぽをぶんぶん振り回しながら追い込んでくる馬がいたなぁ。
主戦が大塚栄三郎だったけど、さて、なんという名前の馬だっけ?

有馬記念のほうは予定通り(?)、ディープインパクトが圧勝したが、
自分の頭の中では、さっきから「しっぽぶんぶん馬」が気になっている。
あの馬の名前、なんだっけ?

晩飯の支度。
鯵をフライパンで焼いていたら、意識の彼方から馬の名前がやってきた。

 グロリーシャルマン

そうそう、この馬。
しっぽの付け根にぜんまいでも埋め込まれてるんじゃないかと思うほど。
一度競馬場で彼女のレースを見たが、そのときも見事に振り回してくれた。

ネットで調べてみたら、引退したのが1998年。
10年前は毎週末が競馬一色の生活だったことを思うと、隔世の感がある。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-24 17:07 | | Comments(0)

寝不足のせいにしておく

昨日あたりから、体調がどうもよくない。
腹痛はないものの、少しゆるいうえ、けっこう熱っぽいので、
もしやこれはノロウイルスにやられたかと思ってしまう。

休日出勤の仕事は午前中で切り上げ、帰宅して寝床につく。


途中何度か目を覚ましたが、完全に起きたのは、
寝床についてから20時間後。
全身汗ぐっしょり。
でも、そのせいか、熱はひいたようだ。

ここ数日、急に重たい仕事が降りかかってきて、
毎日遅くまで頑張ったけれど、その結果がこれでは、
ちょっとやりきれないものも感じる。

単に、無理がきかない歳になったということなんだろうけど。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-24 14:33 | 雑記 | Comments(0)

意識せず

昨日は出張先から夜遅くに職場に戻り、
なんだかんだで1時まで仕事。

さすがに今朝は弁当をまともに作る気力はなく、
出張前に煮ておいたかぼちゃをごろごろと弁当箱に入れ、
あわただしく出勤。

昼休み。
今日は冬至だと気付く。
かぼちゃがつきものの日である。

半分寝ぼけながら、まったく無意識のうちに作ったのだが、
結果オーライで理にかなった?弁当になった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-12-23 00:07 | 食と住 | Comments(0)