Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


カテゴリ:街( 109 )

早苗別

e0007279_1644946.jpg

江別市郊外の地名。

何かのいわゆる合成地名だろうと勝手にイメージしていたが、
れっきとしたアイヌ語由来であった。


あたり一面雪深いが、今日は青空が広がっている。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-02-24 16:04 | | Comments(0)

通りの文化

e0007279_6484196.jpg

思いっきりピンぼけ画像だが、2008年10月にハワイ・ホノルルにて。


ハワイはこの時が初めてだったが、自分が訪ねた範囲では
通りが街区表示の基準になっていて、案外迷わずにすんだ。


翻って札幌は、白石区などの一部を除けば地名+条丁目表示で、
現地に行ってもなかなか土地勘が掴めないことが多い。


区画整理に意識が働き過ぎ、通りをやや軽んじた嫌いがある。


同じ札幌でも、白石本通や栄通などはわかりやすい。


もしも例えば西区で、琴似本通○丁目という表示だったら、
また違った市街地形成になったのではないかとふと思う。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-28 06:48 | | Comments(0)

やっかみ

しばらく前、知事の北海道道産米PR活動(CMとか)に
「選挙活動だ!」と噛みついた道議会議員がいた。


その論法でいけば、見るからに脳天気な笑顔で「節電します」と、
地下通路のポスターで悦に入っている札幌市長に対しても、
同様の声が上がっておかしくないが、管見にしてそんな指摘はない。

おかしな話である。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-17 07:33 | | Comments(0)

円山・裏参道を歩く

e0007279_1175725.jpg

e0007279_1175778.jpg

郊外の図書館に出かけるつもりが惰眠をむさぼってしまい、
代わりと言ってはなんだが、近所の古書店に行ってきた。


店主は学生時代のモノポリー仲間だが、ここ数年すっかりごぶさた。


久しぶりだねぇの次は、お互い変わらないねぇ。
まずは元気で何よりだ。




古書店からの帰りは円山の裏参道を歩いてみた。

15年位前にこの近所に住んだ当時は、往時の賑わいは薄れ、
何とか活気を取り戻そうと関係者が模索した時代だった。


今や新しくてお洒落な(≒私にはとても敷居が高い)店が増え、
真冬にもかかわらずマンションの新築工事が進んでいる。


道路標識に「裏参道」の補助標識が付いたのはよいこと。
通りをシンボルとして大切にすることは、街を守ること。


以前より拡幅されたとはいえ、裏参道の道幅は広くない。
自家用車が速度を落としながら何とかすれ違っている。


自動車交通をすべて締め出すのは現実的ではないけれども、
思い切って片側一方通行にして、夏は街歩きを楽しめ、
冬は路上の雪を積み上げる空間を確保してはどうか。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-13 11:07 | | Comments(0)

コンビニはしご

穏やかな天気の正月2日。
日差しに誘われ近所の異なるコンビニを4店はしご。


年賀状を買い足そうと思ったが、お年玉付き葉書は2店だけ。
郵便局直轄?のポストがすぐ前にある店で置いてなかったのは意外だ。

その店だが、売り場にモップが置きっぱなしなのはどうかと思う。
清潔は勿論だが、整理整頓は大切。


4店のうち3店は新興勢力。うち2つは昨年開店した。
どこも駐車場が広いのが特徴である。

1店では近隣への配慮か、お静かにという趣旨の看板を出している。
convenienceという言葉とは裏腹に、迷惑施設にもなりうる点では
バス停にも通じるものがある。

別の1店では、広い駐車場の一角に雪山が積み上がっている。

駐車場の雪をよけただけだろうが、近隣の雪捨て場に活用してはどうか。

勿論安全対策など細かい詰めが必要だが、共存共栄は欠かせない視点。


おでんを買った。
鍋に移して、茹でうどんと一緒に温めて食べると旨いと聞いたので、
ちょっと試してみよう。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2013-01-02 11:56 | | Comments(0)

熊出没注意

e0007279_10111330.jpg

e0007279_10111327.jpg

高速道路のパーキングエリアどころか、国道沿いのバス停にまで
熊出没注意の貼り紙が出されるようになった。
季節的には少し前だが。

こうした状況に至ってしまったのには相応の事情があろうが、
熊にも人にも好ましくはない。


相互不可侵という言葉が頭の中を一瞬よぎった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2012-12-30 10:11 | | Comments(0)

うどん県

e0007279_1835461.jpg

近所に讃岐うどんの店ができたようで、郵便受けにチラシが入っていた。

店主は本場で修業を重ねて郷里札幌で開店できたとのことだが、
それにしてもサラッと

「うどん県丸亀市」

と記しているのが凄い。


月曜定休日だが祝日は営業とのこと。明日早速食べに行ってみよう。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2012-12-23 18:35 | | Comments(0)

語呂合わせ?

e0007279_011452.jpg

石狩市内にて。


一ノ関駅の「無事カエル」の像や、
明大前駅にかつてあった「無事湖」を
思い出してしまった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2012-12-09 00:11 | | Comments(0)

札幌は広い

地下鉄東西線で南郷18丁目駅から西18丁目駅まで
大通駅を挟んで乗り通す機会があった。


日も暮れてゆっくりは見られなかったが、
南郷から月寒にかけての吉田川の界隈は
ちょっと起伏のある閑静な住宅街。
今度ゆっくり散策してみたいと思わせる風情。


地下鉄の運賃が280円で済むのは意外だった。
310円はする距離だろうと思っていたので。


コンパクトシティを標榜する札幌市役所だが、
かような時にこそ郊外のいまを見にいくのは、
新たな発見が次々ありそうで楽しみだ。



札幌は広い。
改めて感じた一日だった。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2012-12-06 07:21 | | Comments(0)

何かで読んだが

e0007279_76037.jpg

白老町にメガソーラー建設構想(計画)があるとか?。


真偽のほどは定かではないが、夏はほとんど画像のような
気候が続く土地である。

およそ太陽光発電には向かないと思うが、苫小牧・室蘭の
二大港湾の中間に港を作ってしまった土地であるから、
もしかしたらもしかするのかもしれない。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2012-12-04 07:06 | | Comments(0)