Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


中途半端なリアリズム

子どものころの遊び道具は、もっぱらレゴのブロック。
当時から、バスだの汽車だの船だの、乗り物ばかり作っていた。
いかんせんブロックなのに、大胆に省略するということがなかなかできなくて、
できるかぎり現物に似せて作らないと気がすまなかったのを思い出す。

そうした中途半端なリアリズム(?)は、今も尾を引いている。
いくつかの前提条件を置き、何らかの数値を試算して考察するという仕事が多いが、
「ざっくりとした」「大まかな」前提を置くのは、どうしてもためらってしまいがち。
できるだけ現実に近い条件を置きたがり、悪戦苦闘して自滅するパターンが多い。


・・・空想とか、想像とか、考えてみれば苦手なほうなのかもしれない。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2007-01-11 23:34 | 雑記 | Comments(0)
<< ひとり鍋 もちろん、予期せぬこと >>