Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


臆せず記せば

夕張は母の生まれ故郷である。

炭鉱が閉山し、人口が減る一方で、観光関連の
いわば「ハコ物」が次々と建てられていくさまに、

 「誰かにおもねっているようで、いやらしい」
 「夕張らしい、そのままの姿で、静かに朽ちていってほしい」

と、いつも母はつぶやいていた。

 ◆◇◆

夕張市の財政破綻が表面化した。いろいろなことが言われている。

が、観光のハコ物にしろイベントにしろ、ことごとく市の北半分に集中し、
夕張メロンや工業団地の工場で、北より稼いでいるであろう南半分には、
目立った行政投資がほとんどなされていないことについて、
世のマスメディアは、全くといってよいほど触れていない。

このほど中止が決まった「国際映画祭」にしても、
盛り上がっているのはイベント会場が集中する北半分だけで、
南側の住民はしらけている、という話を聞いたことがある。

 ◇◆◇

夕張市の再建には、これまでのこうした「北半分偏重」について、
いちど関係者が本気で総括することが必要だと思う。

今年になって、夏祭りが急に南側に会場を移して開催されたが、
それが総括の結果だとすれば、あまりに安易である。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-08-25 00:17 | | Comments(0)
<< 夏は新潟2006 (1) 早くも効果か? >>