Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


大学祭

15年前に卒業した大学で、大学祭をやっていることに気付き、
昨晩、会社帰りに寄り道して模擬店とかを覘いてみた。
クレープ屋の模擬店がやたらに多い気もするが、
流行なのか、それとも手っ取り早いからか。

大型商業施設にあるクレープ店に、いい年をした男がひとりで
クレープを買い求める図式は、まるでサマにならないが、
ここは大学祭の模擬店だし、既にだいぶ暗くなった。

いちごホイップのクレープを1つ買い求める。
クレープ生地が少し厚いが、そこが手作りのよさである。

 ■□■

農場の向こう側からは、アレンジしたソーラン節の若い歌声が
風に乗って聞こえてきた。

方角的には寮があるところだが、なにか出し物をやっているのか、
あるいは間近に迫ったYOSAKOIソーランの練習だろうか――。

YOSAKOIソーラン。
私はどこかなじめないものを感じるが、こんな音の風景に遭遇すると、
それなりに意味あるイベントなのかも・・・と思えたりもする。

 □■□

遠い昔の学生時代。

今から思えば、また違った過ごし方もあった。
なかでも、恋愛の場数をほとんど踏まなかったことは、
その後のあらゆる面で致命的にマイナスだったかもしれぬ。

さはさりながら、これもまたひとつの生き方である。
後悔しても、詮無きこと・・・。

 ■□■

大学病院近くの小さな居酒屋に、もう7~8年くらいは
ご無沙汰しているのを思い出す。
こっちの方角にはふだんなかなか足が向かない。
これ幸いと、晩飯代わりに立ち寄ることにする。

この店の名物は、激辛のホルモン味噌煮込み。
少し値段が上がった気もするが、健在なのはうれしい。
そして、マスターが自分を覚えていてくれてたのは、
もっとうれしい。
e0007279_0164277.jpg
[PR]
by Hagino-Iburi | 2006-06-04 00:22 | 雑記 | Comments(4)
Commented by yukon-yuko at 2006-06-04 17:00
昔通っていた場所が、まだそこに在る。
というのはホッとするよねぇ。
Commented by Hagino-Iburi at 2006-06-04 23:53
旅先で立ち寄って美味しかったお店が、何年か後に再訪したときに
健在だったりするときも、やっぱり嬉しいですね。
新潟のおでん屋さんとか、高槻の小料理屋とか・・・。
Commented by サトチカ at 2006-06-05 12:28 x
お~このお店、知っていますよ。
うちのダンナさんが学生時代、バイト仲間としょっちゅう通っていたお店なんですって。
この前連れて行ってもらって、ホルモンもちょっぴり食べました。
Hagiburiさんも行っていたんですね~^^
Commented by Hagino-Iburi at 2006-06-05 23:15
う、世の中せまい・・・。
数年前、その後の運命?はもちろん知らぬまま、だんな様と私が
カウンターのあっちとこっちでホルモン食べたりしてたのかも?。
<< 物集高見 空間を感じる締めくくり >>