Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


忘却の過去

この半年~1年余り、心身ともに調子が優れない日々が続いていると、
休日でも夜中でも変事があれば呼び出されたり、
定められた期間にミスなく成果を求められた、
3~4年前がとても懐かしくなる。

当時は今よりはるかにハードだったし、気の休まる暇もなかった。
それでも、あの頃は楽しかったと思えるのはなぜか。


隣の芝生は青い、という。その背後には、いまはたくさんのことが見えても、
過去は辛いことが案外記憶の外に置かれ、あるいはよく頑張ったといった前向きの記憶に
転化されるからではないか。


もう一つ、当時はどんなに辛くても、かなりの部分で裁量権があった。
ただの一担当者がやりたいようにできる度量の大きさがあった。

いまは役職だけは権限を得たようにみえても、あれはできません、
これは得策ではありませんの繰り返し……。

やりたいようにできない。これは確かにストレスだ。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2016-12-05 07:34 | こころとからだ | Comments(0)
<< 私的カラオケよき時代 多様性の許容 >>