Since 2005/06/19(旧ブログ名:旅する日々)
by Hagino-Iburi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


窮屈ではないですか?

東京からの帰りの飛行機は、いわゆる非常口座席で、
離着陸する時は客室乗務員と向き合った。

彼女は離陸する時も着陸する時も、首のチーフを
ちょっとだけ巻き直した。


幼い頃、親から買い与えられたタートルネックのセーターが
とても苦しくてたまらず、引っ張って伸ばしては、
よく親に怒られたのを思い出す。

あの頃はタートルネックではなく「とっくり」だったが、
今でも首が密着するのは苦手。
マフラーはするけど。


客室乗務員に限らず、首にチーフを巻く女性は珍しくないと思うが、
窮屈ではないのでしょうか?



余計なお世話ですね。
[PR]
by Hagino-Iburi | 2016-04-03 20:15 | 雑記
<< 一次交通も二次交通もない 東京には来たけれど >>